犬の散歩は毎日一大イベント

雨の日も台風の日でも、犬の散歩は欠かさない。

朝は父親の担当で、私は夕方の散歩を担当している。

 

散歩は好きでもリードを着けられるのが嫌いで、散歩に行きたいくせに部屋中逃げ回る。
追いかけられて、やっと観念できるのかリードを着けることを許し、身体を強張らせて嫌々ながらリードを着けさせて、家を出る。

 

家を出た途端、興奮して走り出すので、付いて行くのが精一杯だ。

 

散歩コースはいくつかあって、親バカというか飼い主バカなので、犬の行きたいところに行っている。
今日はあんまりこっちに行きたくないなと、私が思っていても犬が行くなら仕方なく引きずられる。
犬にとっては、私を散歩させてあげていると思っているのかもしれない。

 

危ないところ、迷惑にならないところじゃなければ、コースを時々外れて意外な場所に進んで行ったりする。
多分、このまま行けば行き止まりになるんじゃないかな、と思っていたら案の定そうなって、
来た道を戻ろうとすると意地でも前に進もうとするので、仕方なく抱き上げてその場から抜け出す。

 

私は犬にとって散歩は、毎日の一大イベントだと思っているので、好きなようになせてあげたい。
けど時々、簡単に済ませたいと思うことがある。
でもリードを引っ張る犬の力に、そんなの許さないと言われているようで、結局は犬の通りに進んでしまう。
そんなことをしてたら、いつの間にか近所にある山の上の方まで行ったことがある。
おかげで翌日は筋肉痛になってしまった・・・

 

明日はどこへ連れていかれるだろう。